[ACRE] アクレ ブレーキパッド フォーミュラ700C リア用 エクストレイル TNT31 DNT31 07/8~ 2500cc ※代引不可 ※北海道・沖縄・離島は送料2160円


 >  > [ACRE] アクレ ブレーキパッド フォーミュラ700C リア用 エクストレイル TNT31 DNT31 07/8~ 2500cc ※代引不可 ※北海道・沖縄・離島は送料2160円

07/8~ [ACRE] エクストレイル DNT31 エクストレイル 2500cc [ACRE] ブレーキパッド TNT31 リア用 ※代引不可 アクレ ※北海道・沖縄・離島は送料2160円 フォーミュラ700C

[ACRE] エスティマ アクレ ブレーキパッド フォーミュラ700C リア用 エクストレイル カーボンエアスポイラー TNT31 DNT31 07/8~ 2500cc ※代引不可 ※北海道・沖縄・離島は送料2160円

まだ見ぬ癒しのタイランドへ -3-

六昆 (リゴール) へ
~古都ナコーン・シー・タマラートを歩く~

 バンコクより南に約800キロ Kawasaki genuine manual English サービス ZX1400 99924-1362-02 HD店、古くは六昆(リゴール)と呼ばれた古都ナコーン・シー・タマラート。南部タイでは2番目という広大な面積を持つこの県は21の郡庁に分かれ、中央部には南部最高峰カオ・ルアン山を抱き、その大部分は緑の山々や森林に覆われている。
 私たち日本人にはまだまだ馴染みの薄い地ではあるが、ナコーン・シー・タマラートには北部や東北部とはいささか異なった歴史・文化が残り、南部最大の古都として街歩きの興味は尽きない。


 7~8世紀、シュリーヴィジャヤ帝国に支配されていたマレー半島にあって、ここはタンブラリンガ王国の都、

、六昆(リゴール)として諸外国にも良く知られていた。半島西のトランと東のリゴールを結ぶ半島横断ルートはインド洋から南シナ海に抜ける陸上交通の要衝であり 営業日 『 』 即日発送 FUJITSU TEN 『 ECLIPSE 』 UCNVG05 GPS / 地デジTV ケーブル Set (726、盛んな交易とともにスリランカから渡来した仏教の聖地でもあった。アユタヤの時代、リゴールはまた山田長政終焉の地としても知られ、その最期は『王国への道』(遠藤周作著)や『風雲児』(白石一郎著)に詳しい。街の由来は「聖なるダルマ王の都」とある。


 タイ国鉄の南本線はトンソンとその南でアンダマン海側のトラン、カンタンとタイ湾側のナコーン・シー・タマラートへの支線が分岐し 、双方の街へはバンコクから直通の夜行急行・快速列車がそれぞれ日に2本走っている。今日のナコーン・シー・タマラート市街は南北に細長く広がり、新市街の鉄道駅近辺が最も賑わいを見せる。市の中心を南北に走るラーチャダムヌン通りを南に下れば、主だった街の見所はほぼ一日で見てまわることが出来る。


 不思議なことに、この街ではタイのどこでも見かける便利なトゥク・トゥクが走っていない。市民の足は南北に流すソンテウとバイク・タクシーのみだが、主な見所はラーチャダムヌン通り沿いにあることから、慣れれば一区間10バーツのこのソンテウ、なかなか使い勝手が良い。

 まずは鉄道駅からT.A.T. Office(タイ国政府観光庁)のある市民広場・サナーム・ルアンまでゆっくり歩いてみよう。広場の一角にあるT.A.T.では市街地図や様々な資料を無料でもらえる。市内を歩くにはここで一休みした後、旧市街への入口となる北門城壁を見て南へ走るソンテウに乗ると便利だ。


 ソンテウで南へ5分ほど走ると、南部タイ最大の仏教聖地であるワット・プラ・マハタートへと着く。仏舎利を納め、かつてはワット・プラ・ボローム・タートと呼ばれたこの大寺院は独特なスリランカ・スタイルの仏塔を中心に、四方に幾多の仏像が鎮座する回廊が巡るタイ国内でも有数の名刹であり、礎となる小仏塔の建立は遠くジュリーヴィジャヤの時代に遡ると言われる。



 ナコーン・シー・タマラートにはこの大仏教寺院の他、イスラム教のモスク、キリスト教会、さらにタイ最古と言われるヒンズー寺院跡などが街中あちこちに混在し、それぞれが長い布教活動の歴史を偲ばせる。西から東、東から西へと物流と文化の波が押し寄せた往時の自由貿易都市の賑わいは如何ばかりであっただろうか。


 タイにおける影絵人形劇や伝統の舞踏劇ラコーンは古来より文化を尊重したこの街から発達したと言われるが 【エントリーでポイント15倍! 3/21 20:00-3/26 1:59】 タイヤ・アルミホイール 新品 4本セット ◆MLJ イグナイト エックストラック MLJ IGNITE XTRACK◆205/55R17 17インチ 新品特選輸入タイヤ バランス調整済み! パーツ 205/55-17 安い 価格、今なおナコーン・シー・タマラートは影絵人形芝居という独特の文化が息づく街でもある。



 ワット・プラ・マハタートから大通りを渡り5分ほど歩いた裏通りの小さなソイにその工房はある。「ナン」として南部タイで長い伝統を持つこの影絵人形劇は天才影絵師スチャート・サプシン氏によって受け継がれ発展してきた。現在、氏の自宅は工房や博物館・小劇場として一般に開放され、誰でも影絵芝居に使われる人形の製作工程や展示品を見ることができる。プミポン国王がその民族芸能の継承を絶賛したと言われるスチャート氏の工房はぜひ訪れたい場所だ。

 ワット・マハタートからさらにソンテウに乗って南へ1キロほど、ナコーン・シー・タマラート国立博物館がこの街歩きの終点となる。







 遠い昔、海のシルクロードの拠点として東西文化が交差したこの地には多くの工芸品が集まった。展示されている仏像群や王の玉座、数々の民芸品は見事なディスプレーにより実に興味深い。この国立博物館のあるあたりが9~12世紀にかけて「ムアン・プラ・ウィアン」と言われる街の発祥地である。以後、ワット・プラ・マハタートを含めた北側一帯が20世紀に至るまで「ムアン・ナコーン・シー・ドンプラ」(一般に「ムアン・ナコーン」)と呼ばれた城塞都市であった。


 街を歩くと面白いことに気づく。あちこちの民家や商店の軒先に鳥籠が吊られ、それぞれに美しい「ひよどり」が飼われている。聞けば年一度その鳴声や美しさを競うバード・コンテストが開催されるとのことだ。深南部のヤラー市では毎年有名な「鳩の鳴声コンテスト」が開催され、東南アジア一円から「鳩自慢」の人々が集まるが、これも今日の南部文化の一端なのであろう。鳥籠を覗いていると、小鳥はこちらを見て「ピ・ピ・ピッ・・・」と美しいさえずりを聞かせてくれたのには驚いた。


 ナコーン・シー・タマラートではまた、アンダマン海側のトランと並んで美味しい福建式のコーヒーが楽しめる街だ。
 駅近くの“Bovorn Bazaar”内のコーヒー・ショップ、“Hao Coffee”では、伝統のハオ・コーヒーが20バーツ也。クラッシックで洒落た店内では軽食も取れ ブレンボ ブレーキパッド ブラック P83 078 トヨタ クルーガーL/V ACU20W ACU25W MCU20W MCU25W 03/08~07/05 フロント左右セット、街歩きに疲れたらぜひ寄ってみよう。ナイト・マーケットや主だった飲食店は鉄道駅の南側一帯に集中しており Y60 サファリ ブレーキパット / リア【アクレ】サファリ Y60 ブレーキパッド リア ライトスポーツ VRY60 / ARGY60 / VRGY60、大型スーパーの“Carrefour”内には洗練されたレストランに加えバンコクでも馴染みの和風ラーメン店も入っている。


(写真=カオ・ルアン山)
 郊外に眼を転じれば、幾多の名瀑を巡るカオ・ルアン国立公園のトレッキング・コースやシーサイド・リゾートなどの美しい大自然に加え、自然染色の織物等で名高いキリウォン村など、再訪してみたい地がいくつもある。


 ナコーン・シー・タマラートは観光面に於いても「南部のチェンマイ」に成り得る魅力的な街だ。遠い日、海辺にあり様々な人々が往来したとされるムアン・ナコーン。そのリゴールの海からは世界中に文化が発信されていったという。今日、遠く秀峰カオ・ルアン山を望む街は千年の歴史を秘めて静かに緑の大平原に広がっている。

*旅の参考に*

 ナコーン・シー・タマラートには“The Twin Lotus”という高級ホテルがあり(Nett THB 1,200.-ほど)、街側の高層階からは全市街は言うに及ばず、遠くカオ・ルアン山までが見渡せる。車での旅ならばこのホテルをお薦めしたい。

 反面、このホテルは街中から泣けてくるくらい遠く、国立博物館のほぼ平行線上の新国道に位置する。市街の中心からこれだけ遠いシティ・ホテルもタイでは珍しい。トゥク・トゥクが走っていないことから、荷物があり、かつ「足」の確保が難しい旅行者は鉄道駅近くの“Grand Park Hotel”(Nett THB 880.-ほど)で必要にして十分である。道路を挟んでこの向い側にある“Nakhon Garden Inn”(Nett THB 500.-ほど)も広い敷地を持ち、吹き抜けのエントランス・ロビーから客室に至るまで実に雰囲気があり値段以上に良いホテルだ。


*The Twin Lotus Hotel : Tel 075-323-777 / Fax 075-323-821
Bangkok Reservation Office : Tel 02-711-0357 to 361 / Fax 02-381-0930





*Grand Park Hotel : Tel 075-317-666 to 673 / Fax 075-317-674






*Nakhon Garden Inn : Tel 075-313-333 / Fax 075-342-926




 また、ナコーン・シー・タマラート国立博物館の開館日は水曜から日曜までで、月曜・火曜と祝日は休館となるのでご注意されたい。

 南部では各都市を結ぶエアコン付きのミニ・バン交通が発達しており、都市間移動の際にはエアコン・バスが少ないことから、これを利用すると早くて便利である。値段も安く快適だが、概ね10席前後なので事前に予約しておくか、早めに乗り場に行っておくと良い。出発前に伝えておけば、到着地ではよほど遠くない限り指定ホテルなどどこでも降ろしてくれるサービスもありがたい。

※本稿はバンコクにて発行されている日本語情報誌「Web」2006年4月16日号に掲載された記事に加筆・修正したものです。


【写真・文】小田俊明  旅行作家。大手エンジニアリング会社に在職中、中東を中心に世界各地の大型プラント建設プロジェクトを歴任。早期退職後、2002年より執筆活動に入る。タイでは同国政府観光庁他の要請により、日本人にまだ知られていないタイ各地を巡り、その魅力を現地バンコクの情報誌等を通じて紹介。中高年層にも向く新しい切り口の紀行エッセイとして『ウィエン・ラコール・ホテルの日々』(文芸社)にまとめる。

★バックナンバー★
Ku Larb Paksun ~ メコン街道212号線、ナコーン・パノム―ノンカイを行く ~
26日1時59分まで【エントリーポイント10倍】 ホイール HOT STUFF G-SPEED G-04 18インチ 1本のみ 5H114.3 7.5J+55 業販4本購入で送料無料 4G 冬季ホイール Gスピード トムス プリウス ZVW5# Racing フロントディフューザー 塗装済 シルバーメタリック (1F7) 神の領域 谷口21世紀農場 ~ 今、

[ACRE] アクレ ブレーキパッド フォーミュラ700C リア用 エクストレイル TNT31 DNT31 07/8~ 2500cc ※代引不可 ※北海道・沖縄・離島は送料2160円

、君の瞳は輝いているか ~

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-92630