15インチスペーシアMK32S系ENKEI オール オールワン マシニングブラック 5.0Jx15エナセーブ RV504 165/55R15


 >  > 15インチスペーシアMK32S系ENKEI オール オールワン マシニングブラック 5.0Jx15エナセーブ RV504 165/55R15

食品に残留する農薬等に関するポジティブリスト制度について

食品に残留する農薬等に関するポジティブリスト制度について

毎日の食事を通じて摂取する農薬等の量がADI(1日許容摂取量)を越えないようにする。

  • 登録にあたり毒性、生体内での分解、環境影響、残留性試験などの評価を実施。
  • 使用対象作物や使用量、使用期間を制限。
  • 使用方法や食品への残留限度(残留基準)を設定。

ポジティブリスト制度

ポジティブリスト とは

・ネガティブリスト
原則規制がない状態で、規制するものについてのみ作成されたリスト。

・ポジティブリスト
原則規制(禁止)された状態で、使用を認めるものについて作成されたリスト。

農薬等のポジティブリスト制度

基準が設定されていない農薬等が一定量以上残留する食品の販売等を原則禁止する制度。

「食品衛生法等の一部を改正する法律」

(平成15年法律第55号 ヴァルド PORSCHE PANAMERA Sports Line Black Bison Edition 09~ LOWERING KIT、平成15年5月30日公布)

【現行の規制】(平成17年12月現在)

農薬、飼料添加物及び動物用医薬品

食品成分に係わる規格
(残留基準)が定められているもの

250農薬、33動物用医薬品等に残留基準を設定

残留農薬を超えて農薬等が残留する食品の販売などを禁止

食品成分に係わる規格(残留基準)が定められていないもの

農薬等が残留しても原則販売禁止などの規制はない

【ポジティブリストの導入後】(平成18年5月29日現在)

農薬、飼料添加物及び動物用医薬品

食品の成分に係わる規格
(残留基準が定められているもの)

ポジティブリスト精度の施行までに、現行法第11条第1項に基づく基準、国際基準、欧米の基準などを踏まえた基準を暫定的に設定(暫定基準)

農薬取締法に基づく登録等と同等の残留農薬基準設定など残留農薬基準設定の促進

残留基準を超えて農薬等が残留する食品の販売などを禁止

食品の成分に係わる規格(残留基準)が
定められていないもの

人の健康を損なうおそれのない量として厚生労働大臣が一定量を告示(一律基準)

一定量 0.01ppmを超えて農薬等が残留する食品の販売などを禁止

厚生労働大臣が指定する物質

人の健康を損なうおそれのないことが明らかであるものを告示
(特定農薬等)

ポジティブリスト制度の対象外

規制対象

対象物質(農薬等)

  • ・農薬
  • ・動物用医薬品
  • ・飼料添加物

対象食品

  • ・全ての食品(加工食品を含む)

平成17年11月29日厚生労働省告示

○告示第497号 <いわゆる一律基準>
食品衛生法第11条第3項の規定により人の健康を損なうおそれがない量として厚生労働大臣が定める量は、0.01ppmとする。

○告示第498号 <いわゆる対象外物質>
食品衛生法第11条第3項の規定により人の健康を損なうおそれがないことが明らかであるものとして厚生労働大臣が定める物質は、次に掲げる物質とする。

○告示第499号 <いわゆる暫定基準等>
食品衛生法第11条第1項の規定に基づく、食品、添加物等の規格基準(昭和34年厚生省告示第370号)の改正

規制の実施時期

平成18年5月29日から適用

※ (平成17年政令第345号)
食品衛生法等の一部を改正する法律附則第1条第5号
に掲げる規定の施行期日は、平成18年5月29日とする。

一律基準

基準が設定されていない農薬等が一定量以上
残留する食品の販売等を原則禁止する制度。

厚生労働省告示第四百九十七号
食品衛生法第十一条第三項の規定により人の健康を損なうおそれのない量として厚生労働大臣が定める量は0.01ppmとする

一律基準

一律基準の適用

  • ・いずれの農作物等にも残留基準が設定されていない農薬等が農作物等に残留する場合。
  • ・一部の農作物等には残留基準が設定されている農薬等が、当該農薬等に関する基準が設定されていない農作物等に残留する場合。

一律基準の例外?

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-68593